2017年05月05日

AIでアート作品が出来る時代

これからAIがもっと発達して、いろいろな仕事を効率よくこなす時代がやって来ますね。
カスタマーサポートなどのサポート業務はもとより、医者のような専門職もAIが請け負う部分が増えると言われていますね。
私の請け負っているカメラマンの仕事も、ドローンと組み合わせることでAIが撮影を行う事例が増えてくると思います。
それどころかAIが描いた絵画を鑑賞するようになるのかもしれません。

人工知能が変える仕事の未来
野村 直之
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 2,960


人間はプロデュースを行い、プロットと企画を入力してAIが作品を作る。
そんな作品が世を席巻するかもしれませんね。

今話題の絵本も分業で行っているらしいですが、

えんとつ町のプペル
えんとつ町のプペル
posted with amazlet at 17.05.05
にしの あきひろ
幻冬舎 (2016-10-21)
売り上げランキング: 390


だんだんと作業をAIに任せられる部分が増えていき、いつの間にかAIが制作の殆どを占めるという感じになっていくんでしょうね。
そうなっていくと、作品(と呼ばれるもの)はどのように変わっていくのでしょうか。ちょっと興味深いですね。



広島 ブログランキングに参加しています。

いつも応援クリックありがとうございます。今日もポチッと応援お願いいたします。 さて今日は何位でしょうか?


posted by Rinnat at 10:40 | 広島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック